うつ病の転職支援・仕事探し

うつ病 転職・就職支援サイト厳選3社

うつ病の方のための、転職・求人サイトのご紹介です!
こんな方におすすめです。

うつ病 仕事探し

 

1つでも当てはまる方は、無料登録しておきましょう♪
(既に100名以上の方が、一般公開されていない求人情報を手に入れていますよ!)

 

就職・転職先でうつ病が再発しないか今も心配。
うつ病での転職・就職実績のある転職サイトを探している。
しっかりと綿密な定着率の高いサポートが欲しい。
自分の希望するポジションへの内定率の高い転職サイトが知りたい。
大手の安定した企業への転職に強いサイトを探している。
語学力を生かした就職実績のある求人サイトが知りたい。

 

1つでも、無料登録を済ませて、情報をキャッチしておきましょう♪

2017年 転職支援うつ病の方におすすめの求人・転職支援サイトランキング

ラルゴ

ラルゴ高田馬場の特徴

ポイント
・19年以上、実績のある障がい者の専門相談・求人会社。
・紹介先は、7割以上が30年以上続いている安定した優良企業。
・うつ病での悩みをしっかり受け止めてくれる専門会社。


コメント
うつ病で悩んでいるあなたにとって、仕事の方向性や将来についてじっくり話し合ってくれます。窓口が1か所に集約されているため、相談サービスや支援ににむらがなく、充実したサービスが受けられます。
>>ラルゴ高田馬場の詳細はコチラ

価格 無料 0円
評価 評価4
備考 「障がい者手帳を既にお持ちの方で、東京にて対面面談できる方」が対象です。
ラルゴ高田馬場の総評

東京での面接が必要ですが、おすすめの専門の職業訓練・求人紹介企業です。

特に、業績が安定した企業とのパイプが太く、企
業からの評価も高い会社の1つです。紹介先も厳選された優良企業600社とあって、人気の高い専門会社です。

ただ、相談や求人の紹介は、以下が条件となっています。
1.障がい者手帳を持っていること
2.東京にて対面面談できる方

上記を満たしている場合は、すぐ登録しておくことをおすすめします!

ジェイック

JAIC(ジェイック)の特徴

ポイント
・全国対応している。
・うつ病が回復し、新しい職場探しに最適!
・6ヶ月以内の離職率が少ない!
・大企業と太いパイプがあるため、高い内定率を誇る。
・気持ちを新たにお仕事探ししている方におすすめの案件が豊富!
コメント
うつ病で仕事を離職中の方や、仕事をこれから探している方におすすめ。一般求人と同じ扱いですが、1人につき、コンサルタントがついてくれるため、内定が取りやすい。今までの過去を振り返り、将来の自分の仕事をしっかりと見つけるためには、信頼のおける協力者がいるかいないかで大きな差になります。ぜひ、第一歩を踏み出していきましょう。

価格 無料 0円
評価 評価4
備考 フリーターから既卒者までOK!

リクナビネクスト

リクナビNext診断の特徴

ポイント
自分の強みが分る。
・強みから適職な仕事選びがしやすくなる。
・仕事に対する取り組み方が変わる。
・自分への自信につながる。
・仕事に対する視野が広くなる。
正社員への道につながる情報が入手できる。
無料で登録できる。

価格 無料 ゼロ円
評価 評価5
備考 無料で自分の適職が診断できる!
リクナビNext診断の総評

<お願い>
この診断は、障碍者枠の求人ではありません。
こちらは、正社員として活躍したい方限定の適職診断です。そのためには、まず自分の強みや適職がどんなものなのか知ることです。自分の友人も今は障害者ではなく、正社員として活躍しています。それも、自分の適職を知り、素直に自分を振り返ることが出来たからです。ですので、この診断は、あくまで正社員として働きたいそのような気持ちのある方のみが受けてくださいね!

 

うつ病の転職支援と仕事探し【うつ病で成功する求人探しの方法とは?】

・現在、うつ病は、110万人を超えています。
うつ病とは、心の面と体の面で症状がでるなど、いろいろなケースがあります。

 

大きく分けると、2つの症状があります。

心の面(気分の落ち込み、食欲、性欲、睡眠欲などのやる気など)
体の面(頭や肩の痛み、体が重くなるなど)

 

このような症状になると、
仕事に対するモチベーションや取り組みが落ち、
仕事が長く続かなかったり、新に仕事を見つけるにもすぐに見つからない場合もあるのではないでしょうか。

 

うつ病の仕事探し。おすすめの【就職・転職の戦略とは?】

 

うつ病は、一般に治る病気と言われています。
もちろん、再発には注意しなければなりませんが、難病ではありません。

うつ病仕事探し

 

ですので、まずは、
これから就職する方、再就職、転職する方は、
うつ病の治療を続けながら、落ち着いて仕事探し、求人活動を続けてほしいと思います。

 

あせらないで大丈夫です。

 

では、どのようにうつ病治療しながら仕事を探し、求人活動をするかですが、
方法は2つあります。

 

1.うつ病であることを、会社に伝えずに仕事探し・求人活動をおこなう。
2.うつ病であることを予め会社に伝え、仕事探し求人活動をおこなう。

 

それぞれのメリットデメリットをみていきましょう!

 

うつ病であることを、会社に伝えずに仕事探し(求人活動)をおこなう場合

 

メリット

就職・転職は、ほぼ一般と変わらず転職活動ができます。
そのため、一般求人は、比較的求人は、見つかりやすくなります。

 

また、入社後、しっかりと仕事をしているという印象を与えることができれば、
うつが再発しても、会社側も貴重な人材として、休職させたり、部署移動させることで人材確保してくれるはずです。

 

ただ、部署移動や休職をさせてもらうためには、ある程度の規模の会社である必要があります。
ですので、求人探しは、あまり小さな企業ではなく、比較的、規模の大きい会社を探しましょう。

 

デメリット

ある程度の大手企業がベストですが、個人で探して内定まで取るには、ハードルが高いことがあげられます。
また、会社に入ってから、どの部署に配置されるか分からないため、仕事内容によってはうつをすぐに再発してしまうリスクが常にあります。

 

うつ病であることを会社に伝え、仕事探し(転職支援を利用)をおこなう場合

 

メリット

うつ病として、会社側と本人の間で、合意の上、働くため、求人活動だけではなく、入社後は働きやすくなります。

 

働きやすさという点では、法改正もおこなわれます。
「障害者の雇用の促進等に関する法律」の改正です。
この機会を利用し、うつ病など精神障がい者を積極的に採用している会社をいち早く見つけ、アプローチすることが得策です。

 

近い将来、企業側としては、障害者枠の中で必ず採用が必要なため、仕事に対する取組みなどをうまくPRできれば、企業側も積極的に採用するでしょう。

 

改正は、平成30年ですが、積極的な会社は、うつ病をはじめとした精神障がい者枠の採用を始めているため、そのような意識の高い企業へアプローチするのことができれば、良い結果が生まれます。

 

実際、私の友人がうつ病でした。
障がい者専門の転職支援相談所に通い、大手の企業から内定をとることができました。

 

3年間、仕事をしていましたが、やはり途中、うつを発症しました。

 

ただ、会社は、決して退職させることはせず、休職期間を設け、休ませてくれました。復帰後も、会社から信頼され続けているため、本人も安心して仕事ができているようです。

 

デメリット

企業の中には、うつ病などの精神障がい者を受け入れない会社や、書類選考で落とされる可能性があります。
特に、一般公開されている求人案件にはその傾向が強いです。

 

ですので、自分に合った会社を探すためには、うつ病などの精神障がい者専門の転職支援相談機関に相談することが内定への近道です。

 

なぜなら、うつ病などを支援する求人・相談の専門会社は、積極採用している大手を含めた企業と太いパイプを持っており、どこで募集しているのか、常時把握しているからです。なので、採用も決まりやすいのです。

 

特に、これらの案件は、非公開なので、転職支援相談所を利用しないと損します。(全てに無料のサービスですので、安心してください。)
もし、ハローワークなどで既に1人で求人活動していたり、専門のサイトで情報収集したりしているならば、うつ病の求人活動で専門のアドバイザーに先に相談することも念頭に活動しましょう。

 

うつ病で成功する仕事探しとは?

 

うつ病で成功する仕事探しは、職場環境だけではなく、給料・会社の組織体制など会社の内部事情も把握しておくと働きやすくなります。そのためには、第三者からの情報や意見を取り入れながら、情報アンテナを高く持ち、方向性を決めていくことが大切です。

 

うつ病で成功する仕事探し

また、うつ病場合の仕事の探し方として、
内定後、仕事を続ける中で、うつが再発した場合、休職等ができるか?など、企業側に理解があるかどうか事前に確認しておきましょう。(転職支援会社に相談すると、全て代行して聞いてくれます。

 

ちなみに、
平成30年から、「障害者の雇用の促進等に関する法律」の法定雇用率が大きく変わります。この法律は、企業側の障がい者の雇用促進に関する法律です。

 

どういうことかというと、
会社に対して、障害者の雇用枠というものがあり、
障がい者を一定の割合雇用する義務があるのです。

 

今まで、雇用促進の対象として、うつなどの精神障がい者が含まれていませんでした。
それが、以下のように変わります。

 

現在:うつ病などの精神障がい者は、雇用の義務がなかった。
今後:障がい者枠の中で、うつ病などの精神障がい者を雇用する義務が発生する。

 

チャンス到来

つまり、法改正にともない、
うつ病などの精神障がい者の仕事探しにチャンスが到来します。

 

開始は、平成30年ですが、
法改正前に、先行している会社は、精神障がい者をいつでも雇えるよう、会社内に将来に備え、ノウハウを蓄積している会社も増えてきています。

 

ですので、
積極的に採用している会社を探すことは、成功への近道といえるでしょう。

 

以下は、厚生労働省から出されている平成30年に実施される法定雇用率の算定基礎の見直し内容です。

法定雇用率の算定基礎の対象に、新たに精神障害者を追加 【施行期日 平成30年4月1日】
厚生労働省:障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要
引用元: 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000121387.pdf

うつ病 転職・就職支援サイトの口コミ

◆うつで無職だった頃が一番辛かった・・・!

うつ病で、仕事復帰が最初はうまくいきませんでした。1年前もIT関連の職場で勤めていたのですが、辛い状況で結局、退職してしまいました。無職で長期間いることは避けたいため、うつ病だった自分でも仕事ができる職場を探していました。そんな中、転職・就職支援サイトへ相談させて頂いた所、自分の事情や仕事に対する思いを聞いて頂き、無事、条件にあった職場に勤めることができました。今では、うつ病も忘れるほど、仕事に集中できています!

◆今では仕事が楽しくストレスフリーです♪

うつ病からだいぶ回復して、転職活動をおこないました。フルタイムで働けるか心配で、精神的にも肉体的にも不安でした。正直、どんな仕事につけばよいのかすら分からない状況でした。そこで、転職・就職支援サイトに相談させて頂いたところ、幾つか、お仕事を紹介して頂くことができました。紹介された職場で働いて見てわかったのですが、すごく自分に合っている仕事ということに今更になって気づきました。無理だったら辞めようと思っていただけに、今は仕事が楽しいと思えるように変わりました。相談してみるものですね♪

 

>>うつ病の仕事探しに迷ったら、ここに相談して職場探しをしましょう!