就活中の方必見!双極性障害ってどんな病気?向いてる仕事・職種はなに?

就活中の方必見!双極性障害ってどんな病気?向いてる仕事・職種はなに?

双極性障害は、躁(そう)状態とうつ状態をくり返す病気で気分障害というカテゴリーに含まれています。躁うつ病という名称の方が有名なのでそちらで知っている方も多いでしょう。

 

躁状態というのは、気分の異常な高揚が続く状態であり、元気でハイテンションな状態を指します。反対にうつ状態というのはあらゆることに興味を失くし、気分がふさぎ込み、疲労感が著しいような状態を指します。両極端な精神状態を右往左往するので双極性障害と呼ばれているんです。

 

軽い躁うつ状態であれば100人に1人はかかるといわれているので決して珍しい病気ではありませんし、20代30代で発症することも多いと言われています。双極性障害を引き起こす特定の遺伝子というのは見つかってはいませんが、遺伝的にかかりやすい人と、かかりにくい人がいるというのは確かなようです。本人の性格や気質、ストレスに対する敏感さ、弱さなどが関係してくるようです。

 

軽い症状であれば医師の診断設けず、通院もしないという方も多いですが、躁状態とうつ状態のふり幅の大きな症状が出ている場合は、医師への相談が必要不可欠であったり、ときには治療や薬が必要になることもあります。

 

そんな状態が続くと「もう社会では普通に生きていけないかもしれない」「こんな自分を雇ってくれるところはどこにもない」なんて思いがちですよね。特にうつ状態はやる気がなくなり自信喪失が起こり、生きる希望が希薄になってくるのでそういった考えに陥りやすいんです。

 

しかし、双極性障害と診断された方の中でも、元気に毎日問題なく働いている人はたくさんいます。確かに仕事によっては向き不向きがありますが、向いている仕事・業種を選べば長く働き続けることだってできるんですよ。

 

今回は双極性障害に向いている職業と向いていない職業を調べていきましょう。

 

双極性障害の特徴とは?

 

双極性障害という病気は躁うつ病として世間に認知されているようで、その実、実際の症状などはあまり理解させていません。「躁状態ってただ元気になるだけででょ?」「うつ状態って落ち込むってだけでしょ?そんなん誰でも落ち込むじゃん」と思っている人も多いくらいなのですが、実は躁状態もうつ状態も極端すぎると双方に問題を生じてしまうんです。

 

一見、躁状態というのは元気でテンションが高くて問題などないように思いますが、感情の起伏も激しくなってしまうので周りから見ると怒りっぽくなったり、騒がしくなったと思われることが多いです。

 

また、冷静な判断ができなくなるという特徴もあるので普段はやらないようなギャンブルに手を出してしまったり、町中で喧嘩し大騒ぎを起こして警察沙汰になってしまったり、会社の上司と言い合いして辞表を叩きつけてしまったりと、躁状態というのは生活に支障をきたす可能性も十分にあるんです。

 

そしてうつ状態というのも何事にも無気力になってしまうので、食欲も低下してしまい睡眠も不規則になってしまいがちです。仕事や私生活に無気力というだけでも支障をきたしそうですが、うつ状態というのは生きることに対しても無気力になってしまうことが多いんです。自傷行為や自殺願望などの現象も多くなるのでうつ状態が深くなるというのはとても危険なことなんですよ。

 

双極性障害に向いている職業・向いていない職業とは?

 

向いている職業

 

双極性障害というのは無理を強いられたり、長い時間拘束されると悪化するといわれています。なのでマイペースな時間で働ける仕事が良いでしょう。働く時間を選べる職場などは向いていますね。肉体労働などよりはデスクワークが向いていますし、実際にコンピュータプログラマーや、システムエンジニアの職に就いている双極性障害の方は多いです。

 

また、自分のペースで続けられるのであれば文章を書いたり、図面を引くような仕事もいいでしょう。周りの理解があるのであれば人の多い職場でも問題はありません。うつ状態で無気力になっている場合は外部からの刺激が好ましいこともあるので話せる人が近くになるのは良いでしょう。しかし、複雑な人間関係などに巻き込まれると病状が悪化しやすいので、ライトな付き合いがおすすめです。

 

向いていない職業

 

一方、マイペースでは仕事にならないような長い拘束時間を必要とする職業というのは向きません。またノルマなどがある職種も精神的に追い詰められてしまうことが多いです。双極性障害が悪化しやすい理由として不規則な生活というのがあるので、深夜帯働いたり、徹夜が多いような職種は避けた方が良いといわれています。

 

また、接客業などの頻繁に知らない相手と接するような仕事も向いていないとされています。余程好きな職場で、狭い業界の人しかこないというのなら別ですが、入れ替わり立ち代わり知らない人が来て、それぞれの注文やクレームに対応しなくてはならないような環境は良くないようですね。

 

双極性障害でも障碍者手帳は取得した方が良いの?

 

双極性障害というのは身体障害や知的障害とは違って、周りから見てすぐに分かるような障害ではありません。逆に言ってしまえば黙っていれば誰にもバレることはないと言えるでしょう。その場合、障碍者手帳を取得することに躊躇する方も多いと思います。

 

「障害があるってバレたら変な目で見られるんじゃ・・・」
「就職が不利になるかも」

 

そんなふうに思っちゃいますよね。今は、法改正により、双極性障害は、就活に有利です(障害者手帳が必須)。また、双極性障害というのは治ったとしても再発率90%と言われている障害です。つまり一生付き合っていかなければならない可能性が高いんです。そこで障碍者手帳を取得した方が良いメリットを紹介していきましょう。

 

就職・転職活動で一般より有利に内定がもらえる。
税金が安くなる
障害者雇用の対象になる
障害者年金がもらえる

 

まず所得税や住民税が安くなります。そして就職ですが、確かに障害者ということで嫌厭してくる会社もあるかもしれませんが、企業によっては障害者雇用というものがあり、一般ではなくその枠で就職することもできます。(法改正により、精神障がい者枠が追加)障害の程度に寄りますが、障害者年金というものも出るのでかなり生活が楽になるというメリットもあるでしょう。

 

※障害者手帳は、就活に絶対に有利です。必ず取得しておきましょう!

 

就職・転職支援サイトを活用しよう

 

「普通の職案で障害者の職探しって受け付けてくれるのかな?」と不安に思っている方もいるでしょう。ハローワークなどでは障害者向けの就職案件も扱っていますが、精神的に安定していない場合「いきなり顔を合わせて相談するのは不安」って気持ちもありますよね。

 

そういった場合に役立つ障碍者のための職業支援サイトがあるんですよ。これはこのようなサイトに登録して、自分の障害の状態や希望する職種を提出すれば、プロのアドバイザーがおすすめの就職先を紹介してくれるんです。

 

障害者の完全社会参加を理念としているので病気に理解のあるスタッフばかりですし、就職後もフォローしてくれるので安心です。気になるという方はぜひお気軽に無料登録してみて下さいね。

 

>>双極性障害の方に人気の就職・転職支援サイトはコチラ!