極性障害の適職探し!【向いている仕事、向いていない仕事とは?】

極性障害の適職探し

年齢を問わずストレスがつきものの現代社会においてうつ病は現代病の1つです。一言でうつ病と言ってもその中でもいろいろなタイプのうつ病があります。極性障害もうつ病の1つです。

 

極性障害

 

極性障害(躁うつ病)を持っているからと言って、仕事ができないわけではありません。まずは、極性障害の方に向いている仕事、向いていない仕事をしっかりと把握した中で適正な仕事探しをしていきましょう!

 

双極性障害とは?
気分障害の1つで、うつの状態と躁の状態を繰り返す慢性の病気です。この躁鬱の状態を繰り返すと、仕事や家庭内での生活が上手くいかなくなるため、治療が必要になります。海外では、うつ病で暴飲に訪れる人の20〜30%は、双極性障害と言われています。ただ、双極性障害は、本人が自覚していない場合もあるため、自分で治ったと判断せずに、しっかり完治するまで、治療をおこなう必要があります。

 

極性障害の向いている仕事

 

できるだけ、同じテンションを維持した中で、余裕をもってできる仕事が適職です。やはり、ある程度の決まった時間内で、決められた仕事をこなしていくといった仕事内容がおすすめです。
ルーチンワーク、定型業務、事務補助といったような、ディスクワーク系の事務職などもおすすめです。

 

ディスクワーク系の総務や庶務系なら、
お給料計算や、タイムカードで出勤数や時間などをチェックするような1つのことに対してコツコツと行っていくような総務系のお仕事は向いています。

 

極性障害に向いていない仕事

 

基本、体にストレスを必要以上に蓄積させないことを考えた場合、

 

・工場での配送やライン作業などの昼夜交替勤務
・水商売や風俗などの夜職。
・コンビニなどのシフト制の24時間体制の不規則な仕事
・医療・介護関係など夜勤が必要な仕事

 

このように・・・

 

・決まった時間帯ではなく不規則な時間帯のシフト制の出勤
・残業などがあり、労働時間が長い
・日中ではなく夜の仕事

 

などの職種は、生活リズムが一定しないとあって、体に負荷をおってしまいます。
当然、疲労からもストレスが起こりえます。

 

極性障害の仕事探しでびポイントを再度抑えておきますね!チームワークでの仕事ではなく、できるだけ一人で担当できるディスクワーク系なら

 

・仕事対人関係の悩みが抑制される
・コツコツと納期を目標に自分のペースで行える。
・就業時間が一定しているとあって生活リズムが安定

 

これらを参考に仕事探しをしてみてくださいね。
自分で探すのが大変な場合は、極性障害の方からも人気の就職・転職支援サイトに相談してみましょう。障害者手帳が必要になりますが、安定した企業に入社するのも珍しくありません。

 

\ 登録無料!仕事相談 /

>>人気の就職・転職相談支援サイトはココ!

 

無料登録したら、貴重なチャンスなので、必ず相談時は訪問し、コンサルタントからアドバイスをもらいましょう。自分一人で活動するより、ずっと効率的ですよ♪